東京で働くWEBディレクター/デザイナーのカナダ ジャスパー旅行記など

こちらが「とり皮」!今まで食べた焼き鳥とまるで違う食感と、クセになる味。

絶品!福岡「かわ屋 警固店」でとり皮を食べてきました

2015.04.15

仕事で福岡へ行った際に会った友人に「何処か福岡でオススメのお店ない?」と聞いて教えてもらった「かわ屋」。
ここのとり皮がビールにも合うしめちゃくちゃ美味しかったです!

「かわ屋 警固店」で絶品のとり皮を頂く

福岡とくれば、ぱっと思いつくだけで博多ラーメン、水炊き、明太子、もつ鍋などなど・・・、郷土料理やソウルフードが満載のグルメな街と言う印象。
東京都内でも沢山の九州料理・博多料理の居酒屋、鍋料理屋がひしめいているので、せっかくだから都内で食べられない美味しい料理が食べたい!と友人にオーダーしてみたところ、「かわ屋 警固店」を教えてもらいました。

早速向かいながら予約。
場所は天神から15分くらいと少し歩いたエリアにありました。


こちらが外観。オレンジの看板が強烈です。

お隣さんともぶつかりそうになるくらい店内が狭いお店。
後からどんどんお客さんが入ってきて順番待ちをしていたので、これは予約をしていないと入るのが難しそうですね。

驚いたのが、名物の「とり皮」のオーダーの仕方。

席に座ると「取りあえず20本!」とか「30本!」とか周りのお客さんが注文をしているので、普通の焼き鳥屋さんのくにゃっとしたとり皮串をイメージしていた我々グループは「10本」からスタートしてみることに・・・。

こちらが「とり皮」!。
こちらが「とり皮」!

今まで食べた焼き鳥とまるで違う見た目。
恐る恐る一口食べてみると・・・。

「めちゃくちゃ美味いっ!」

外はカリカリなのに、中はプリプリっとした脂が皮に乗っていて、ビールと合わせると食べるのが止まりません(笑)

これは余裕で一人10本分くらい食べられる美味さ!
こういう味付けでカリッとした「とり皮」は生まれて初めて食べただけに、美味しさに感動~。

お通しのキャベツと合わせてさっぱりと食べたり、七味を振りかけて食べても何にでもマッチする味でしたね。
いやー、福岡は良いところだ(笑)

外国人が集まると言う福岡のクラブ「エコー」へ遊びに行ってみる

こちらは雰囲気が良さ気だったので、入ってみた飲み屋。何だかトロントを思い出すような内装。
こちらは雰囲気が良さ気だったので、入ってみた飲み屋。何だかトロントを思い出すような内装。

今日は仕事終わり!とばかりに「かわ屋」で飲みまくって食べまくってしまい、二軒目は内装が凝っていて天井が高い飲み屋さんを梯子(残念ながらお店の名前は失念してしまった・・・)

三軒目は親不孝通りにある外国人が集まると言う福岡のクラブへ遊びに行ってみることに。

・・・が、平日だったためかエコーのお客は自分と友人の二人だけ(笑)

かなり小さい店内でクラブと言うよりバーにDJブースがくっついてる感じみたいですね。
カウンターで適当にお酒を注文。

外国人の店員さん二人と話をしてたら、二人とも福岡は長年住んでいるようで一人はBeatPortで曲をリリースしているDJさんだった。
お互いテックハウスとかのジャンルが好きで話も合ったので、色々と音楽話も出来たし気軽にお酒を飲みながら話せたのでなかなか面白かったです。

グルメ・お酒 旅行記 日本国内

RELATED ARTICLES

TOP